MCマニア

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ズゴック始めました

気が付けば12月も半ば過ぎてる・・。
連日の忘年会やら送別会でプに触る時間がドンドン無くなってく?。
まっ、大手を振ってサケ呑めるから良いかWWW。


まずは、いつもお世話になっている「サワカズさん」こと「カミソリの竜さん」のブログがリニューアル!
その名も「竜さんの3倍速モデリング」
その圧倒的な力量に驚くがいい!
さぁ、ココをクリっとするのだ!


さて、MGC2(モデラーズギャラリー2周年記念コンペ)のご報告。
何を出すか決まらずモンモンWとしていたのですが・・結局まだ決まらずWWW。


コレで行くか・・。
P1000911.jpg



リペイントして、コレにするか・・。
P1000921.jpg

いっそのこと、VF1バルキリーにするか決めきれないまま時間だけが過ぎていってます。
まぁ、そのうち神が降りてくるでしょWWW。


次は「ずをコン2ndステージ」
かずをさん、ごめんなさい・・(人;´Д`)ゴメンネ
のっけから謝っちゃってますが、辞退する訳じゃないです。
参加予定の機体が変わっちゃいました。
ジ〇ン軍での参加は変わりませんが、コレにしました。


P1000089.jpg
HGUCズゴック。
初期に発売された物ですがベストと云っても良いプロポーションと可動を誇っております。

ちょいさんがベアッガイ!で参戦らしいので、負けない程カワイイ蟹ズゴックを作ろうと思って決めました・・ウソですWWW。
前回の1周年コンペの後、作ろうと仮組していたのを引っ張り出してきただけッス。


モノアイ
まずは、シールで表現されたモノアイ部分を作り変え。
キットのモノアイ基部の内側にエポパテを詰めて・・
どこかで見覚えのある方が居られると思います。
そうです実はモデラーズギャラリーに投稿されていた「mitu永田」さんのズゴック製作レヴューを参考にしています。詳しくはモデラーズギャラリーでご覧下さいね。

基部が出来たらスリット入りのプラ板でレール風のディティールを追加しました。
P1000950.jpg

後は胴体を接着面で5mm幅増ししたり、前腕を10?延長したりしてこんな感じに。
比較
ティンコアーマーの大型化は、もはや私のド定番でございますWWW。

さぁ、今年も残すところ後10日。
師走モデリングを満喫するぞ!
あれっ・・26日も呑み会がW。
スポンサーサイト

| HGUCズゴック | 23:05 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めてのSB

今年も残すところ1ヶ月・・。
あっという間に師走ですよ。

さて、日ごろお世話になっている投稿サイトのモデラーズギャラリーさん。
いよいよ3年目を迎えるにあたって、2周年コンペを開催されるそうです。
その名もMGC2。
私44HIROも末席ながら参加を表明しております。
ただし、何を出すかは全くのノープラン♪
どうしようかな?、と参加をお悩みのあなた・・是非ご参加ください。
詳しくはココをクリック!


もう一つ、前回ずをコンを開催されたモデラーの「かずを」さんの「ずをコンセカンドステージ」にも参戦を表明してますよ。
投稿期間が被っちゃってますが、まぁ何とかなるさ?♪
こちらは参加表明は締め切られてます。詳しくはココをクリっとしてくださいw。



タコですが、工作も終わって現在塗装中。
今回はこんな物を入手しまして・・。
P1000871.jpg
Mrシリコンバリヤー。
本来は離型剤なんですが、塗装面に塗布することで、簡単に塗装の剥がれが再現できるらしいのです。
で早速使ってみた。

まずは、全体に黒とシルバーを混色した物を全体にドバーっと吹きつけ。
次にエッジにシルバーを吹いた後にシリコンバリアを筆でヌリヌリ。
その上にサビ止めとして赤と艦底色を混ぜた物をシュー。
P1000875.jpg

更にエッジを中心にシリコンバリアを塗ってから、基本となる緑をドバーww。
乾燥したらナイフで剥がしたい所をコリコリこすれば・・。
塗装
塗幕がキレイに剥がれてくれます。
面白いようにはがれるのでやりすぎには注意ですね。
まだ剥がした所がギラギラして浮いて見えるので、色を塗り重ねて落ち着かせる必要がありますね。
いや?、今回初めて「シリコンバリヤ法」を試したのですが、簡単でリアルな塗装の剥がれを再現できるので、お勧めです。
ただ、ガンダム等1/100や1/144の小スケールではわざとらしくなるので、ガンプラ派には使用頻度が低いですねぇ。




あと、タコの塗装をしながらコレもザッと仮組み。
P1000866.jpg
箱絵、スゲエカッコイイ! 部品小っさいwww。



過去の兄弟と比べてみた。
P1000868.jpg
頭身は何れも同じですが、RGはやけにスマートですねぇ。
ちょっと細過ぎるかな?
RGはMGを凌駕するほどの細かなパーツ割とギミックはスゴイのですが・・凄過ぎてかえって弄り難いんですよね。
このRGを使って、あるもの(そんなに大した物では無いですよw)を製作しようと妄想中なんですが、どうして良いのか構想がまとまらない・・。
まぁ、なんとかなるかwww。

ちなみに・・
写真に写っているザクF2はアクトザクにしようとして、放置していたもの。
HGUCシャーザクはいつか弄ろうと思って・・放置中。
RGは・・・このまま放置?

12月4日追記

本日、同郷の岡山で活躍されている朝顔彩太郎さんのブログとリンクさせて頂きました。
1/100!のデンドロビウムやPG等ビッグスケールのガンプラを主に製作されています。
製作のノウハウなどアサガオさんの拘りや知識が惜しげもなく公開されていますよ。
また、驚愕の精度には感動すら覚えます。
是非ご覧になってください。
詳しくは・・・
ココ
↑をクリックだ!

| スコープドッグ | 02:00 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。